雇用形態


雇用形態について

このページでは、雇用形態について簡単に説明します。
それぞれの雇用形態にメリット・デメリットがありますので、
是非自分に合った働き方を見つけていただければと思います。


正社員

長期雇用を前提とした雇用形態です。いわゆる「正規雇用社員」です。
一つの会社で長く働くのであれば最も安定した雇用形態といえますが、
その分しっかり長く働いていける会社であるかを見極める必要があります。


契約社員

企業との間で雇用期間・勤務時間・賃金等を個別に決定し、直接契約する雇用形態です。正社員とは違い、「非正規雇用社員」になります。
正社員登用制度を設けている企業もあり、契約社員から正社員になれる場合もあります。


派遣社員

人材派遣会社と雇用契約を結び、人材派遣会社が契約を結んでいる派遣先企業に勤務する雇用形態です。契約社員と同じく「非正規雇用社員」になります。
近年「紹介予定派遣」という制度も広まっており、一定の派遣期間を経て派遣社員や正社員での就業を目指すこともできます。


アルバイト・パート

基本的には短期間・短時間で臨時的もしくは補助的に就業する雇用形態です。
アルバイトとパートに大きな違いはありません。
原則的に社会保険・交通費支給・有給休暇などはありますが、勤務日数によっては適用されない場合もあります。
勤務時間や勤務日数を調整できるため、自身のライフスタイルに合わせた働き方ができるメリットがあります。